☆ソロトラベル ダイアリー☆

アラフォー独女の1人お出かけ日記 たまに猫も登場

瑞巌寺 洞窟群 宮城県

瑞巌寺の参道の脇道に
洞窟遺跡群がありました



総門をくぐるので一応 境内になるのかな?
でもここは無料で見学できるコーナーです



松島は昔「奥州の高野」と呼ばれる霊場でした


洞窟内は五輪塔、石仏、塔婆などがあり
鎌倉時代から江戸時代まで供養所として
使用されていたそうです



西国三十三観音もありました

洞窟は江戸期に掘られたのではないかと
推測されています


数え切れないほど たくさんの像がありました






瑞巌寺 宮城県

臨済宗妙心寺派の禅寺です



総門




入り口




券売機で券を買って入ります



入るとすぐに御朱印の受付があり
最初に御朱印帳を預けて帰りに受け取る
ようになっています


ここで瑞巌寺と五大堂の御朱印を両方とも
いただけるのですが「五大堂も一緒に!」
と言わないと瑞巌寺の御朱印しか書いて
もらえません



左の庫裡(くり)から見に行きました




国宝です


真正面から撮っていたら警備員の方が
「こっちから撮るといいよ」と教えて
くれたので撮ってみました

斜めだと上の煙突も写って良い感じです


ここから本堂に繋がっていますが中は写真NGでした


本堂は松尾芭蕉が「金壁荘厳光を輝し」と
謳われるほど中の障壁画は見事でした


写真を撮れなかったのが残念です




宝物館も見てきました
ここも写真NGでした

ここは伊達政宗の等身大像や大脇差など
いろんな物が展示されていましたが政宗公の
像は目が両方ありました


天然痘で右目を失ったのですが
「遺言に基づいて両目があります」
みたいな事が説明書きに書いてありました




本堂




本堂の前に梅の木がありました


蕾も膨らんできたので
もうすぐ咲きそうです




帰りに御朱印帳を受け取りました


瑞巌寺と五大堂 両方いただきました





五大堂 宮城県

天気予報で雪が降らないのを
確認したので朝から出かけました


行ってくるね〜

寒いのでベッドから下りずに
首だけ こっち見ていました💦




新幹線と電車を乗り継いで松島に到着!

宮城県は晴れの予報でしたが
雪が ちらついていました


ヤバイくらい寒いです


駅から歩いてすぐ遊覧船乗り場があります

曇っていて空が真っ黒・・




松島湾の中に五大堂は建っています




入り口




ここの橋は隙間が空いています

ヒールの高い靴とか小さい子供は
少し危ないかも知れません






穴あきの橋を二つ越えると お堂です



慈覚大師が瑞巌寺を開創した時に五大明王像を
安置したので五大堂と呼ばれています




お堂の軒先に十二支が彫られています




今年の干支イノシシありました

自分の干支も ちゃんと発見できました


現在の建物は慶長9年に伊達政宗が
再建したものだそうです